とにかく痛い!でも翌日からすっきり爽快。揉み返しがほとんどない不思議な整体院

美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ

 070-6579-9723

営業時間・情報

AM 11:00~PM 20:00
(木曜日はPM14:00~20:00までの営業)
火曜休み
完全予約制 男性可

スピリチュアル ブログ

【スピリチュアル与太話】子宮とチャクラ

投稿日:

 

わたし自身、この世界の精神世界論にクソ腹立ってたんでしょうね。

いわゆるスピリチュアルにどっぷりと使った人に面白おかしく遊ばれたり、そちらの世界では有名なスピリチュアリストに心のないことを言われたり、子宮になんか入れてエネルギーを入れろと言われたり、理不尽な扱いを受けたような感じがし、ほとほと嫌気がさして大嫌いになった精神世界。

 

 

とはいえ、物理社会にも色んな人の気持ちが見えすぎて、対処が難しく、人付き合いさえ困難になるほど心の裏側が伝わってきたり、かといってそれを言うのはおせっかいになったり、人の問題に勝手に介入するというのも問題があったりしてほとほと嫌気がさし。

 

もうどっちもいや!って感じでさまよっていましたが、この「イヤ」っていう気持ちでさえ執着だから、おもいっきりどっぷり浸ってやろう、と、決意し、とにもかくにも自分がとことん限界まで中庸のバランスを得るところまでやるという覚悟を決めて自分がすべて嫌だったスピリチュアルや精神世界の正しい在り方を見つける所存です。

 

なぜなら、今の世界はやはり精神世界が必要だからです。

物質的な世界から抜け出せずにいる人たちは、これからの世界で非常に苦しむからです。

「わたしは大丈夫!」と思っている人ほど、危ない。どんなに悟りを開いたと言っていても、ネットに書いている大抵の人たちはまだ、完全にチャクラがすべて開いていない。だから、どんな人間も油断すれば確実に間違った道に足を踏み入れる危険がたくさんあります。

 

 

目に見えるものだけが自分を助けるのではなく、理解できるようで理解できない自然のメカニズムがわれわれ人間を苦しめる。

 

どんな人間も傲慢で自己中心的

人でさえ、無意識に支配しようとし、物理的に自然すら自分たちの都合のいいように刈ったり、埋めたり、燃やしたり、やりたい放題します。でも、ご理解いただけると思いますが、人間が支配できるものは、何一つありません。

 

傲慢で自己中心的な人間は必ず復讐される。

だからこそ、自分の心をきちんと制御する必要があり、正しい道徳が必要だと感じます。

 

ということで、話は戻りますが前述いたしました子宮にエネルギーを入れる、という話です。

子宮委員長という方が子宮に刺激を与えるジェムリング?というやつとか、わたしが言われたケイ素石を入れるとか、俺が指を入れてエネルギーを通せば早いとか書くだけで非常にキモイことをしなくても、我々の体はきちんとエネルギーを通す方法があります。

 

子宮にエネルギーを入れる、というのはすなわちチャクラ(※あえて何番チャクラか記載しない)を刺激する、ということです。

おそらく、彼ら彼女らは≪お手軽に≫チャクラを覚醒させる手段を見つけ、それを覚醒させる手伝いをしているのだと思いますが、このチャクラだけ覚醒させると性欲が高まりすぎて、性の化け物になります

そしてもっと怖いのが、人の言うことを全く聞かなくなったり、憑りつかれやすくなったりする(らしい)ということです。自分がやっていることが正しいと思い込んだら聞かなくなる。

 

だから、セックスが異常にうまく、または相性が抜群にいい人は、このチャクラを刺激する何かすごい一物をお持ちか、刺激するのがうまく相手とハマるときに感じるのである。

 

ということで、わたしが知る限り、子宮委員長の言うことを素直にやっている人たちは、概して不倫をしても平気になったり、俺の指で子宮を刺激された人間たちは、性欲の化け物として教祖とまぐわうことすら厭わないようになり得ます。

 

事実、子宮委員長を崇拝している人が

不倫万歳!

セックスたくさん楽しいなー

というブログを恥ずかしげもなく上げることが多い。

 

※子宮委員長自身にはもうあの人にしか生きられない人生を満喫しています。それはあの方の生きる方法がそれだっただけで、万人がそうではないということ。あの子宮委員長と同じ生き方は絶対に他の人には真似しても無理です。ちなみに、わたしは彼女の生き方そのものは好きです。

 

 

 

オウム真理教の麻原彰晃は、瞑想体験の中でそれを発見し、おそらくこの手法で信者を手玉に取り、指で、あそこで高次元エネルギーを送る、といって数々の子供を授かっている。

 

 

子宮は女性にとって大事な部位であることに変わりないけれど、その子宮のエネルギーは性欲だけにとどまらず、心のチャクラを解放させる役割として利用すると母性へのエネルギーに変わる最高パーツです。

 

男性に比べ、アベマリア、マザーテレサなどの慈しみの人が生まれるのは女性にはその子宮があり、その子宮のエネルギーの強さで母性に目覚めるからと推測します。

 

 

ということで、まとめます。

  1. 子宮を刺激しすぎると、性欲お化けになる。

  2. 子宮のエネルギーだけを開発し続けると、人の言うことをきけなくなる。信者は妄信する様になる。

  3. 子宮のエネルギーをうまく転換させると、女性はみんな母性があふれだす。

※悪用厳禁

google

google

-スピリチュアル, ブログ

Copyright© 美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。