とにかく痛い!でも翌日からすっきり爽快。揉み返しがほとんどない不思議な整体院

美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ

 070-6579-9723

営業時間・情報

AM 11:00~PM 20:00
(木曜日はPM14:00~20:00までの営業)
火曜休み
完全予約制 男性可

カウンセリングオフィス 水蘭 スピリチュアル ブログ

悟りを開く

投稿日:

 

感情が支配されすぎていると、本来相性のいい人間を見逃す、といういい例を最近見たため、参考に記載する。

 

本人は嫌悪感がある場合があるけれど、はたから見て気が合うように見えるけどなあと思う場合、これは気が合わないのではなくて、嫌悪している本人が持っている見たくない部分、受け入れたくない部分を相手が持っている場合起こることがある。

 

これは心理学的にも言われている部分で、まさにアドラー心理学が説いている部分です。自分の深層心理に引っかかりがあると、受け入れられるものも受け入れられなくなる。敵は自分で作っている。

 

妙に腑に落ちる体験があり心と体はやはりつながっているのだなと深く感じ入ったのであります。

 

 

つまり、人間というのはシンプルになれば自分にとって【居心地のいい気の合う】人や場所を感じることができるのに、感情が邪魔をして【居心地の悪い気の合わない】人たちと”あえて”一緒にいる場合もある。しかし、またこれが非常に自分ではわかりにくい。

 

なぜなら、自分の人生はうまくいっていないと思っている人も、自分がやっていること、言っていることは《完ぺき》であると無意識に思っているから。

 

 

だから、人は誰かに何かを言われると反発したり、傷ついたりする。

誰かに何かを言われても、自分の心がシンプルなら誰に何を言われても必要なことだと思ったら素直にやれるし、自分に必要がないと思えば自然に無視できる。

 

それぞれの考えが、それぞれの体に流れるエネルギーが違うから言っている、ただ、それだけのこと。

気が合えば素直に聞けばいい、気が合わなければ流せばいい。そこに怒りや反発や悲しみはいらない。

心のままに、、、とは、こういうシンプルなこと。

 

わかってるけどできないから、何度もそれを意識して、自分を信じる努力をすること。自分は絶対に裏切らない。自分にうそをついてきた癖をやめて、裏切らないための努力をすること。

 

 

体に無駄な力が入るとき、そこにはわたしたちの心の中に、ぎゅっと閉じ込めて離さない重い感情がある。

それが自分を苦しめて、悲惨な人は、気が付かないまま楽しく人生を送れず、死ぬ。

 

そういう苦しみを一切浄化させるのが【悟り】

 

自分の苦しみと向き合って解放させると、自由がやってくる。

今の時代は、その苦しみと向き合う勇気を持たせない。それが人の自立を妨げる。

 

google

google

-カウンセリングオフィス 水蘭, スピリチュアル, ブログ

Copyright© 美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。