気を抜けば、丸くなる、リラックスする










リラックスする難しさは無意識に。

無意識を自覚すると、わたしたちは自然と自分と調和してまあるい世界が作られる。そこに争いも何も必要がない世界。

わたしにもまるをいびつにするトゲがたくさんあります。。

これからの生き方を模索する中で自分の行動を制限するようにしていく必要性を見出して、本当に何もできなくなって神様がいるなら泣きたいくらい苦しいですけど、

今の苦しさは、若いときの絶望の苦しさではなく、「絶対に自分を信じる」というベクトルに変わっている。

でも、この「信じる」という行為そのものが強烈に苦しく、、、

無意識に埋もれていた自我が消えていく姿が断末魔のような悲鳴を上げてずっとわめいている

わたしは何を期待されてこの世に生まれてきたのか、そんなことばかり考えてしまう今日この頃(笑)

まあ、なんでもいいんですけど。
わたしはわたしでしかないんで。
自分以外のものになることを諦めています。

無意識を突き詰めると、このような苦しみはありますが、死にたいほど絶望する苦しみとは全く違う、終わりのある苦しみ。

喉元過ぎれば熱さを忘れるというやつですね。

こういう苦しみは、時間しか解決しませんので焦らずに自分の心と向き合います。

リラックスするために、わたしに必要なものがたくさんありそうです。

知ってると、出来るのではまるで違う。

知ってても、出来ないのが知識。
知ってて、出来るのが智慧
知ってて、出来るけど捨てるのが悟り。

悟りたいですねー。

#無意識#気を抜く#リラックスする#気#瞑想効果#リリバリボーテ#東洋医学#心理学#哲学#ヨガ哲学#スピリチュアル#心と体を整える#潜在意識