とにかく痛い!でも翌日からすっきり爽快。揉み返しがほとんどない不思議な整体院

美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ

 070-6579-9723

営業時間・情報

AM 11:00~PM 20:00
(木曜日はPM14:00~20:00までの営業)
火曜休み
完全予約制 男性可

カウンセリングオフィス 水蘭 ブログ

神様との付き合い方

投稿日:

わたしに整体を教えてくれた先生は、神様から教わった整体を伝え、そして亡くなった。

先生の神様に対する態度は素直そのものであった。

 

わたしがその教室にたどり着くまで、本当に嫌な人生を送り、クソみたいな人間性を正当化させ、さも偉そうに生きてきたこの人生を変えたい一心でたどり着いたのがこの先生であった。その時のわたしは、自分の心に正直に、素直な気持ちで勉強したい、と心から思ったのだった。

 

人はつらいとき、神様に頼ってしまう。

わたしが人生のつらさを忘れたいとき、そういう不思議な力のある人や神様に、自分の人生をよりよくしてもらいたい、そういう一心でどんなところにも行った。どんなこともやった。

 

しかし、そんな生活を続けていたのに、わたしは幸せになれた気がしなかった。

 

神様も、わたしをだますことがある・・・。だます、というと語弊があるが、正直、神様も徳の高い人ばかりではなく、面白半分に人の人生を振り回すことがあるものである。

 

かといって、わたしは神様を信じていないわけではないけれど、これまで哲学やスピリチュアル、宗教を自分なりに研究し、一心不乱に疑問も抱かず信奉してきた神様とおぼしき者たちは、わたしが見た幻だったのかもしれない。

 

と思うのは、わたしは一番大事なものを完全に忘れていたからだった。

 

わたしは、わたし自身の内在神、つまり自分自身を一番信用していなかった。

 

 

どんな人間も、どんな神様も多種多様な考えを持っている。

神様と同列にするな、という意見もあるかもしれないけれど、神様もそれぞれ気性の激しい素戔嗚みたいなのもいるし、蛯子のように骨もない不具の子として海に流された神もあれば、アベマリアみたいな母性の塊もいる。日本書紀や古事記を読むと、それぞれの神様が人間と等しく、怒ったり、泣いたり、喚いたり、騒いだり、喜んだりする。

 

そういう人間らしい神様との付き合い方の中で、いつの間にか畏怖ばかりが先行し、どんな性格の合わない神様でにさえ服従し、幸せになれないかもしれない恐怖を選び、自分自身の幸せをその神様の考えとすり合わせることすらしないまま、ただ、したがうだけであったのだ。

 

一体、誰のためのしあわせを願っているのだろう。

 

幸せになりたかったら、自分を信じて、自分の中の神様を信じて、自分の中の本当の自分の気持ちを信じて生きていくべきであったのに、そのバランスを、外側の神様にばかり目を向けて、いたずらに自分を見失うばかりであった。

 

 

これは、見えない神様ばかりの話ではない。

人間という、各個人個人の神様との付き合い方の問題でもある。

 

 

わたしに内在神、つまりわたしの本心、わたしの心、わたしの信念があるように、どんな人間にも等しく同じだけの心を持っている。

 

そういう内側の心と、わたしたちの表面的な心はシンクロしているようで、実は全くチグハグとした、自分と思っている自分ではない自分が主導権を握り、心の奥底に眠っている本当の自分の魂は、風でユラユラと流されて、見えたり、見えなかったりするのである。

 

 

恐怖や怒り、憤りなどが猛威を振るい本心を闇に覆ってしまうと、わたしたちはたちまち自分の生きている道が手品にかかったようにあるはずの道がなかったり、ないはずの道があるように見えるよう、自分の本心を打ち消すように、自分で自分に魔法をかけていくようになる。

 

本心を魔法にかけ続ける人間は、いつしか本当の自分がわからなくなってしまう。

そういう人間を、わたしはいくつも見て、そのたびに魔法を説く作業を行っていく。それがわたしのカウンセリングである。

 

 

自分を認めること、自分を許すこと、自分を信じること。

これらは本当に難しいことである。

しかし、わたしたちが本当の意味で神様や人間を信じることができるのは、自分自身を認め、許し、信じられたときだけである。

 

 

どんなに性格の合わない人間にさえ服従し、幸せになれないかもしれない恐怖を選び、自分自身の幸せを自分の神様とすり合わせることすらしないまま、ただ、したがい、自分自身の内側で戦い続ける苦しみは、本当は死ぬよりも苦しいことなのだ。

 

 

嫌われる恐怖を持つよりも、自分の幸せのために自分を、自分自身の未来を、自分自身の幸せを信じて、1人1人が自分自身の本心と向き合い、不幸になるかもしれないという恐怖心という魔法を捨てることができたとしたら、この世界にいるわたしたちひとりひとりは、自分自身と戦いもせず、どれだけの人たちが幸せになれるだろうか。

 

わたしたち自身が信じ、認め、幸せになるためにわたしたちの本心や内在神が決めたことに不幸が起こるはずがないのである。

 

 

わたしが見た先生の姿は、自分自身が神になり、そして、自分自身が信じた神を信じた姿だったのである。

 

 

自分を信じることができる努力を続けることは、外側にいる神様を信じるより難しい。

しかし、本当の幸せは自分自身も神様と同じように、神様を信じられる自分でいることが大前提であり、自分を信じる努力をし続けることは、大きな幸せの第一歩である、そうわたしは今日の空を見ながら、先生を思い出し、出会いの素晴らしさと実践を続けてきた先生の偉大さにほとほと頭が下がる思いでいっぱいである。

google

google

-カウンセリングオフィス 水蘭, ブログ

Copyright© 美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。