webで予約がすぐできる

Webで予約できる日程を確認できます。
痛いけどとてもスッキリ!
どこに行ってもよくならなかった方は是非一度お試しください!痛いか痛くないかはあなた次第!

こちらをクリックするとwomoサイトに飛びます

生きてる意味を考える

この世界で起こることたくさんある。

うれしいこと、悲しいこと、悔しいこと、腹立つこと、、、。

今その時々のニュースや話題、自分の身の回りで起きる様々なことにさえに感情移入して一喜一憂してしまうのが人間である。

 

 

突拍子もなく核心に迫るが実は、わたしたちには未来も過去もないのである。

 

 

この世界やわたしたちが今、見ているそれらすべては一秒後にはすでに過去に変わっていると感じているが、今というその一瞬をわたしたちは生きているのだから、過去は過去として記憶として存在しているだけで、生きているわけではないから過去はないのである。

 

同じく、未来も未来という概念的なイメージがあるだけで、わたしたちはその未来では生きていないのである。

 

今というときは永遠に続いているようで永遠ではないのである。

常に、一秒ごとに【今】があるだけなのだ。

いくら悲しいことや苦しいことや切ないこと、うれしいことがその時に起こっても、あっという間に記憶の中の過去に変わっていくのである。

 

そして、この記憶というものはあいまいであるので、自分が経験したと思っている記憶ですら正確ではないことも多々あるのである。

 

そう、いつも正しいのは【今】この一瞬だけ。

 

それが、非常にはかなく感じるけれど、そのように一瞬一瞬が過去にすぐに変わることでわたしたちは心を正常に保つことができるのである。この生きる、という非常に息苦しい苦しみばかりの世界の中で、人間に与えられた薬が【今】である。

 

【今】を一生懸命生きる。

 

それは、過去を生きることではなく、過去に経験した自分の感情や体験を【今】を通じて未来に昇華するための大切な一瞬なのである。

 

人は誰でも、生きている意味を探したことはないだろうか。

 

思春期くらいで一度は考えたことがことがあるかもしれない。

しかし、ブッダも言っているようにわたしたちが生きる意味を探しても、絶対にその生きている意味は見つからない

 

なぜならば、

 

「生きている意味なんてない」

 

からなのだ。

 

じゃあ、死んだほうがいいじゃん。

と思うかもしれないが、そうではない。

 

生きている意味を見出さなくても、生きていることに意味があるということなのである。

 

つまり、今という一瞬がそれぞれの生きている意味なのである。

 

探さなくても、もうすでに生きている意味を持っている、ということなのである。

わたしたちが探していたものは、もうすでに自分の手元にあったのだ。持っているものを自分の外で探そうと思っても、見つかるわけがないのである。

 

 

今、世界や日本、自分の環境の周り、自分の会社、自分の家族、どの程度のコミュニティーの中にもたくさん問題がある。

 

しかし、これはもうすでに過去なのだ。元々あったものは壊れる、消えてなくなる、人も物も、国も、歴史も、、一瞬一瞬新しい環境に変わっているのである。

 

 

人間の一番の不幸は、曖昧な過去にしがみついて、または自分が経験したことのない新しいことに対する抵抗感と恐怖心でいっぱいになり、過去にしがみついて【今】をないがしろにすることなのである。

 

その時々に起こる世界の状況や国の状況、環境、自分の過去の曖昧な記憶などに振り回されず、どのような世界になったとしても、自分の【今】を自分のために決めて選択していくだけなのである。

 

わたしたちは、【今】この瞬間に新しい自分になっている。

そして、自分の人生も【今】の在り方を変えれば変えることができるのだ。

 

 

 

いくら苦しいことがあっても、悲しいことがあっても【今】の自分が《新しい自分になる》という決意を【今】この瞬間に決め、自分の新しいパターンを決めたときから新しい自分なのである。

 

 

 

だから、新しい自分になる、と決めたときからわたしたちは新しい自分の人生を生きることができるのである。

そして、自分が決意をすることで、自分の決めた方向に向かってわたしたちの周りの環境は少しずつ変わっていくのである。

 

 

一瞬一瞬変化していく。それが諸行無常。一瞬一瞬、自分の人生は流れて止まらない。

 

新しい自分、自分を変えたい、幸せになりたい、そういう自分は、今、すぐになれる。

自分を変えるという覚悟をもって【今】この時の自分の行動を少しずつ変えて、今を積み重ねていけば必ずだれでも幸せになれるのである

タイトルとURLをコピーしました