webで予約がすぐできる

Webで予約できる日程を確認できます。
痛いけどとてもスッキリ!
どこに行ってもよくならなかった方は是非一度お試しください!痛いか痛くないかはあなた次第!

こちらをクリックするとwomoサイトに飛びます

勉強することとは自分が小さいということを知るためにある

ネットを見ていたら、東大生が「勉強するということは、自分の小ささを知るため」と言っていたのを見たのです。

 

この一週間、ずーーーーっと家に引きこもり、大学生としてスクーリングに興じてきたわけですが、朝から晩まで勉強をしても、まだ私の知らなかった世界があるのです。

それまでは、何となく自分がある程度経験してきたので知ったつもりになっていたけれど、まだ私はピラミッドの下の方にも関わらず、かつ上を見ず、必死に登ろうともしなかったために、上の世界を知らないのに上にも下の世界にも文句を言っているだけだったと実感しました。

 

本当に、知れば知るほどピラミッドのてっぺんに近づくにつれて、自分の小ささがどんどん露になります。

 

今は、学歴社会で子供たちは競争が激しいようですが、私が学業で得ていることを早く身に着けられることにうらやましい気持ちもありますが、一方で勉強が嫌いな人がただ学歴が欲しいだけのために知識を詰め込むだけの勉強は非常にツラいなーって思うのです。

 

 

 

学生時代は勉強が大嫌いで宿題すら提出しないような子供でしたので、そういう子供だった時に勉強の面白ささえ知っていたらどうなったかと妄想するのですが、逆に、私が今の学歴社会の中に生まれ、無理やりに勉強できたかと言ったら、多分心が完全に壊れていただろうということです。

 

子供を持たない私から何かを言われる筋合いがない、と多くの親御さんは思うでしょうが、わたしはどちらかと言えば子供と同じ立場で勉強に対して必死にもがいている立場であるから子供の気持ちが非常によくわかるのです。

 

無理やりにやらされる勉強はキツイ…。

 

面白さとは、「自分を知ること」と繋がってると思います

 

もし、子供に勉強をさせたいなら。

そのために、必要なのは勉強を押し付けることではなく、家族間の愛情が一番必要だとわたしは思いました。子供がどんなことに興味があるか、どんなことが好きか、どんなことが知りたいのか。。。そこから勉強の面白さって始まると思います。

 

子供も自分のことがわからないからこそ、こどもの興味関心を親が気が付いて、その後押しをするだけできっと勉強が好きになるのに、、、。興味関心のある分野が彼らが一番才能を発揮する分野と認めてあげること、これだけでいいのかもしれないとわたしの学業への復帰で感じたことです。

 

それをしないで押し付けるようにする教育は、多分心を壊したことすら気が付かないで、彼らは大人になるのではないでしょうか…

 

大抵心が壊れている人たちは、親がらみの愛情欠乏の問題があります。

 

わたしは、尊大で傲慢の大きく肥大した人物になったことが大人になったことだと錯覚して今まで生きてきましたが、真の大人は自分を知ることによって欠乏を知り、自分を自分で知ることによって、自分がいかに醜く、いかに傲慢で、いかに尊大であったかを知るときから始まるのでは。と思ったのです。

 

 

勉学をもう一度始めることにより、自分の器を広げることが今、私は楽しいです。

 

子供だけではなく、大人も自分を知ることから始めたら、つまらない人生がなんだか風景が変わって見えてくることが多いです。

子供だってそうですが、大人こそ自分を知ることが必要なのかもしれません。

わたしは、勉学が自分を知ることのひとつでしたが、人はそれぞれ自分を知るための手段が違います。勉強をしないでも自分を知り、自分の可能性を広げようとする人たちみんな素晴らしい生き方であるからこそ、苦しんだり悩んだりしながらでも、一生懸命生きてさえいれば、それでいいと思います。

 

だって生きること、そのものが勉強。こんな苦しい勉強はありません・・(笑)

 

 

タイトルとURLをコピーしました