ブログ

栄養素と病気の関係②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

栄養素と病気の関係について

今日は、先日も書きました通り引用元不明ながら面白いことを書いているので記載します。

人間の歯とは

  • 臼歯20本、野菜歯8本、犬歯4本の計32本
  • 穀物5、野菜2、その他1の割合で食することを示す。

 

正しい食事とは

① 秩序ある永遠の法則を持つ「宇宙の法則の則って定めるもの」
②「易」の二分の法則に留まらず、「無双原理」「陰陽の原理」を学び、精神や心の動きのメカニズムの法則である《大自然の構造と仕組み》を知ること

 

解説

まず、秩序ある自然の法則とは太陽が昇り、日が暮れる、水が流れ、大地を潤す、流れた水が土を運び、その土は大地になり、その大地には木が育ち、育った木は日の光に浴びて育ち、枯れれば土にかえる、といった風に、東洋医学の考え方である木・火・土・金・水という五行で表現された自然界の輪廻みたいなものを表していると考えたほうがいいと思う。

 

次に、易学の2分というのは易を筮竹と呼ばれる50本の棒を二つに分ける行為であります。この行為は、50本を全部二分するのではなくて、一本を「」と見立てて実際は49本で二分します。この二分の法則として留まるな、ということは《すべてに天アリと見よ》ということと解釈。

 

無双原理、陰陽原理というのはマクロビでの哲学と言われていて《すべての万物は陰陽からなる》という哲学を深く理解しろ、ということだと思います。

 

正しい食事とは②

 

食術的に摂るべき「米」と「斗(ます)」によってはかり、取るべき「食の質」を「天の理」に添って整えることを示す。

 

●食べ物の量と質は人間の健康を左右する。そして取るべき比率は「主食」を多くして「副食」を少なくすることが重要です

 

これ、非常に面白いですね。炭水化物である米をたくさん取れ、と言ってるんです。

日本人は米を食べなくなった人が増えた。

 

しかし・・。

炭水化物を取らなくなった人が、ものすごく若くして死んでしまうこともある。

 

逆に、取りすぎてよくないという過去の人もいる。

 

 

以前、書いたブログの記事(非公開にしている)

白いものが浄化作用が強いのかと思った理由は、神社仏閣に備えられている食べ物が

であること。

そして、大体のお供え物で大根、白菜などの白いものが奉納されることが多い。

神仏に備えられるものは清浄な物がほとんどである。

 

全くの白いものしか食べないビーガンの極みをやっていたときに思ったのは、「バランスよく食べなければいけない」ということ。

 

米はありがたかったこと。

いくら味付けだけで調理しててもそれだけでは足りず、野菜独自の栄養というものが人間の体に影響を与えること。

 

そういうものを鑑みると、米に対しての野菜と副菜の配分というのは考えさせられるものである。

身体に毒が溜まってる人には、肉、魚、卵、乳製品、緑黄色野菜を取らない(緑黄色野菜以外の野菜や豆腐や納豆、海藻類、貝類、メインは米)を2週間だけやると、本当に抜群に体が変化する。

 

ただ、一カ月以上はやめたほうがいい。これが「天の理」には合わない食事だということだ。

増えすぎたものを減らしたら、徐々にバランスを戻すこと。

 

 

とにかく食事の量と、バランスを、誰かわからない人は一生懸命説いている。

 

 

それもすべて、わたしたちの体のバランスを、自分の体を見つめて見つけていくしかない。

 

わたしたちそれぞれの体のバランスを見つけて健康になる食べ方を見つけたいですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

施術の予約がすぐできる

LINE@ご登録お願いします(画像クリック登録できます)


友だち追加


こちらに登録して予約、休みなど検索すれば休みの日程が確認たり予約サイトに簡単にアクセスできます。

自動でお返事しています


※21時~9時の間ha
自動返信です。「予約」「アクセス」「連絡」など必要なキーワードでご案内させていただきます。

その他営業時間内は個別にお返事いたします


簡単に登録できます。ご予約もこちらからできます。お気軽にご利用ください


 

当店に直接連絡しなくても、womoサイトからネットで予約できます。
下記クリックでご確認ください。

webで簡単に日時指定と予約ができます。WOMO

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。