webで予約がすぐできる

Webで予約できる日程を確認できます。
痛いけどとてもスッキリ!
どこに行ってもよくならなかった方は是非一度お試しください!痛いか痛くないかはあなた次第!

こちらをクリックするとwomoサイトに飛びます

人間と六大縁起論 わたしたちの贅沢の先にある未来のお話

物質が溢れている今の日本

わたしたちの時代は、物が溢れているので何もかも簡単に手に入り、特に食べ物がどのように作られているかも知らず、加工されたものを手に入れて口にしていることが多いと思う。

 

わたしは、1年前から自分で畑を借り現在は野菜を手作りしているが、きっかけはこの先に野菜が高騰し、自分たちで作らなければとても野菜が食べられなくなりそうな気がしたからである。

 

きっかけはともかく、土に触ること、野菜を育てることで自然界の仕組みや人間の思い通りにならないということ、この世界に存在するのは人間だけではないということをを嫌というほど思い知らされている。

 

コロナが収まりつつあるように見えているが、わたしたちの経済状況や、地球に住む状況ということは今後さらに悪化する。

 

輸入するものが輸入困難傾向になりつつあり、物価の上昇率などが変化し、価格高騰やあまりにも過度な物質過多の状況によって、リサイクルするものも溢れ、すでにゴミがこの世の中に溢れているのである。

 

 

 

人間と六大縁起論

密教のお話である。

 

密教には六大縁起論という考え方がある。

大日経の宇宙論より来た理論であり、万有(宇宙にあるすべてのもの)の体性(生まれつき身にそなわっている性質。 その本質を成すもの。 実体。 実性。)を明示したものであるとされる。

 

六大とは

地・水・火・風・空・識 

の六つである。

 

地水火風は物質であり、

識は心、精神

空は無碍(とどこおらせる障害がないこと。邪魔するもののないさま。)を性(天から与えられた本質)とする融合自在の力であるとされる。

 

 

すなわち、地水火風識の5つの力、物質と心が互いに邪魔することがない状態が空である、ということである。

 

土は人間の源

加持祈祷秘密大全より引用するが、ここに面白い記述がある。

 

根本的の実質は同源である。

例えば、人間の肉(すなわち体)は米や魚、野菜等から化成したもので、米や野菜は土から化成し、獣肉も魚肉も草等から化成し、草は土から化成する。

さすれば、人間の肉体も元を訪ねて還元すれば、結局土である

 

わたしたちは、物質と心が協調してはじめて空、すなわち障害がなくいろんなものと融合することができるようになるのである。

 

 

大事な土を無くした日本人

 

前述した通り、わたしたちは生産される過程も知らず、ただ与えられたものを消費するだけになり、過度に溢れかえった物質に囲まれている。

 

ここに、識=心や精神があれば、わたしたちはまだ大丈夫なのだろうが、人間の源である土に関係して例を取れば、不作農耕地が増え、農業人が減り、余った土地に家を建て、空き家にしてそのままになった家が多々増え、土をコンクリートで埋め尽くしている。

 

二度と食物が作れない土地を大量に作成している事実を鑑みていくと、本当にわたしたちが土から肉体を作っているのであれば、土を大事にしなくなった昨今、これらの土地が増えれば増えるほど、人間は、もうすでに大地を埋め尽くした分だけ、人間の甘えと弱さ故、物や食べ物を大事にしなくなった分、心や精神も死んでいるのではないかと思ってしまったのだと思わざるを得ないのである。

 

 

なぜならば、物質は人間の心が作用して生まれたものだからである。

そして、心というのは物質に現れるものなのである。

 

 

わたしたちは自分の心の声を、時折勘違いして聞いてしまう。

わたしたちが欲しいものが、他人が持っているものであったり、学歴だったり、ルックスだったりするのである。

 

しかし、それらが本当に自分に欲しいものであるかどうか、ただ見て見ぬふりをするためにそれらを選択しているのか、それは自分すらわからないことの方が多いからたちが悪い。

 

 

しかし、それを自分の自我の声だと認識することができるようになった時に初めて自分が求めていたものは、物質や表面的な他人軸での評価対象に当たるものには存在しないことを知るのである。

 

 

いろんなものを消費する、得ることだけに注力していくと、人間はバランスが悪くなる。

 

 

与えられたものを、得たものをどのように使うのか思考することが土である。

 

 

その土に触ったときにはじめて、自分の目の前の物質が変化してその物質と協調することができて、自分自身を初めて知ることができる。

 

 

わたしたち自身が、今生き方や考え方を変えていかなければこの世界は人間を排除するしかない

これから大災害などが起こるとされている。

わたしの来年の易占いも、当たるも八卦当たらぬも八卦ではあるが一度0になり1からスタートする年と出た。それがどのように起こるかはここでは伏せておくが、

 

万が一何か起こったとしても、それらは神様が願ったことではなく、自分たちで土を壊し、食べ物を減らし、自分の命の源を自分たちの手間や合理性を追求し続けて、自らが食べ物も命も魂も自ら放棄して捨てていっているだけなのだから、仕方がないのである。

 

 

何でもかんでも神様が怒っているのではない。

人間がしてきたことが結果的に人間に返ってきているだけのことなのである。

 

 

わたしたちが、本当に態度を変えるためにはまず、今あるものに感謝する心を取り戻すことからなのではないかと思うのだ。

 

神様は、人間に与えるもので害があるものは与えない。

 

しかし、与えられたものを害にするのは人間自身なのである。

 

だから、心を取り戻し、与えられている物や事を真正面から受け止め、自分がどのようにするかを本気で自分自身と向き合って話し合う必要があるのである。

 

それは、とても苦しい作業であるが、そうでもしなければ自然はバランスを取り戻すために、必ず日本をめちゃくちゃにする。なぜならば、日本は世界の中心だからである。

 

来年以降の日本には、もうすでに変化のない人間へのカウントダウンが始まっている。

 

 

それは、神様が与えた試練ではなくて、自分自身が自分に対して起こした結果によってもたらされることである。

 

決して、神様のせいではないのである。

タイトルとURLをコピーしました