とにかく痛い!でも翌日からすっきり爽快。揉み返しがほとんどない不思議な整体院

美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ

 070-6579-9723

営業時間・情報

AM 11:00~PM 20:00
(木曜日はPM14:00~20:00までの営業)
火曜休み
完全予約制 男性可

未分類

鏡の法則

投稿日:

gatag-00009354

鏡の法則

鏡の法則とは、自分を通して相手を見る法則です。

相手を通して自分を見る、というと簡単に聞こえますが、自分の嫌いな人、いやな人を通じて自分というフィルターをのぞいてみると、不思議と自分自身も同じようなことを相手にしていることがあります。

 

例えば、最近うまくいっていない(と思っている)夫婦がいます。相手がああいえばこう言い、こういえばああ言うといった具合に、何を言っても角が立つ場合があります。

 

わたしも旦那との関係で非常に悩んだ時があり、知人に離婚をしようかと本気で相談したことがあります。

そんなとき鏡の法則を思い出し「もしかしたら、わたしは旦那に対してなにかをしているのではないか」と、ふと感じたのでした。

怒りというのは、そもそも自分の自尊心を脅かされるときに起こります。

 

わたしがこれだけしているのに何もしてくれない。

わたしがつらいのに何もわかってくれない。

わたしがこんな思いをしているのに、何も理解してくれない

基本的に、人間が怒る原因は「わたしは○○である、しかし・・・」という場合が非常に多いのです。

 

人間の怒りというのは、激昂したり暴力をふるうだけではありません。

怯えたり、悲しんだり、嘆いたりすることも実は怒りの場合があるのです。

きっとわたし自身が「わたしは○○である、しかし・・・」といったように、相手に過剰に期待したり押し付けたりして相手を理解していなかったかもしれない、と、思い立ち、果たして本当にそうであった場合、わたしが変わったら人はどのように変わるものだろうか、というのがとたんに気になってわたしは実験を始めました。

 

わたしが変わったら、人間が変わった

わたしがそれからやったこと。

毎日毎日神棚に向かって、旦那への感謝を捧げた。

旦那にありがとうという回数を増やした。

(とにかく、何かをしてくれたら嘘くさくても大げさでも「ありがとう」と倍以上言う。)

とにかく、嫌なところばかり見えていた旦那のいいところを毎日毎日考え、自分ができないことをやっているすごいところを見つけて感心する。

 

これをはじめると、いかに旦那にひどいことをしてきたかが冷静にわかるようになりました。

わたしのことをロクに見ていないと思っていた旦那が、実は本当によく考えて色々陰で動いていてくれたことや、些細な優しさがたくさんあり、この人は不器用なんだなと思うことを改めて感じるようになると、今まで申し訳ない気持ちになってきたのでした。

 

そして、これをやり始めるとあることに気が付いたのでした。

わたしは、とてもたくさんの「わたし」という存在を大事にしすぎて、あまりにも他人をないがしろにしてきたのかもしれないと。

 

「わたしが○○である。」「わたしが○○してきた」など自分のことばかりで、相手の労をねぎらうことをしていないことが多かったのではないだろうか。

 

少なくても、わたしのもとに相談に来る人たちはこのように「わたしが○○されている」「○○である。しかし。。」という。

少しだけ、自分の視点から相手の視点に変えられたら違って見えるけれど、それができないのは何かに対して強烈に恨みがあるからである。それが、相談した当初の問題の相手ではなく、自分では気が付かないもっと、驚くような人である場合が多いのだ。

 

それがわかって、少し気持ちの余裕ができたなら、ここから劇的に自分は変わっていくのである。

 

 

 

google

google

-未分類

Copyright© 美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。