とにかく痛い!でも翌日からすっきり爽快。揉み返しがほとんどない不思議な整体院

美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ

 070-6579-9723

リリバリボーテはこちら

070-6579-9723
AM 11:00~PM 18:00
(木曜日はPM14:00~18:00までの営業)
※18時以降の予約はLINE、メール、電話でお問い合わせください

火曜休み
完全予約制 男性可

栄養素断食の効果

投稿日:

今、ヴィーガンを通り越して肉、魚、卵、乳製品、緑黄色野菜を取らない生活をしています。

なぜ、その生活をすることにしたのかということですが直感的に体をクリアにする必要があると感じたからです。

 

わたしはなぜ、緑黄色野菜も取らないかというと和泉修さんの食事療法に感銘を受けたのもありますが、白い野菜は浄化能力が高いのだと直感的にわかったのです。体から無駄な栄養素を活発に働かせ、肩こりの原因や疲れ、病気の原因である消化できずに体に蓄積された栄養素をキレイにするため、栄養素の多い緑黄色野菜は取らないのです。

 

お米は白いお米です。

玄米は栄養がありすぎます。

現代人はすぐに病気にならないためにテレビで何かを取れ、と言います。

 

言われてヨーグルトや乳製品や酸味のあるものを過剰に取りますが、過剰に取った分相殺してくれるエネルギーの分解要素がないと体から無駄な栄養素が出ずに、カルシウムは石灰化の原因になり、酸性が強すぎると肝臓に負担をかけてしまい肝臓の障害になりやすい。

 

体にもバランスというものが必要なのです。

病気の原因は、無駄な栄養素がたまっていることです。

無駄な栄養素を消化させるために行われていたのが断食です。

しかし、わたしはそれが嫌だから栄養素断食を行いました。

体重も順調に痩せてきています。

 

 

何を食べるのかというと緑黄色野菜以外の野菜や豆腐や納豆、海藻類、貝類、メインは米です。

ほとんど昔の人が行っている食事と同じ食事をしています。

それを二週間続けて旦那が健康診断に言った結果、数値が毎年悪く再検査がほとんどだった数値が大幅に改善しました。

dav

 

旦那からしたら奇跡の数字です。

旦那は体質的に動物性があったほうがよさそうなので、二週間で好きなものを食べていいとしましたが、夜食は私と同じものを食べています。昔の日本人の食事とほぼ同じ食事です。

 

しかし、長期間栄養素を取らないのは問題なので4月3日に浅間神社で行う居合の演武まではこの生活を続けるつもりですが、それ以降は適度に自分の体が欲する食べ物を食べる予定です。

 

現代の私たちの病気の原因はたった一つ。

たべすぎです。

栄養素を取ろう取ろうとしている

 

適度に脂肪があり、適度に筋肉のついた状態がいい状態です。

今、炭水化物ダイエットが流行っていますがあれは筋肉を落とし、脂肪を燃焼させる方法です。

若い人がやる分には文句はないです。

しかし、若く見られたいために炭水化物ダイエットをして痩せた同年代の女性を見るとしわしわでくたくたになり、ますます老けて見えます。

 

40代以降のダイエットは考えてしないと貧相に見えて痩せたことに自己満足するだけのものになってしまいます。ダイエットでただの貧相になったら悲しいですよね。

 

わたしは自分自身が行って感じたのは、体重は減り体脂肪は少々あったほうが、40代以上の女性男性には健康でいられるし若々しく美しい容姿が保てるということです。

 

年を取ると筋肉量が減るのに、炭水化物ダイエットが流行っているからと炭水化物を制限して筋肉を落としてまで体重を減らすより、動物性を一切取らない食事をするほうが、健康的に体重は痩せられます

 

年を取ってガリガリに急に痩せたら「病気になったんか!」と、心配されます。。

若いときと40代は体の質が違うのです。。

 

しかし、脂肪が少し増えます。ただ、年齢が行ってからのガリガリの貧相より、筋肉を補うためと体を動かすためのエネルギーの脂肪は全くないよりは40代以降の人にとって健康的で理想的な体重になり見た目も幸せそうに見え好都合だと思います。

 

この方法をすることのメリットは、

とりあえず、すこぶる体の調子がいい。

まず、体がものすごく軽い。

マッサージをした後のような状態がいつまでも続いています。

 

実際わたしは結構量を食べますが、順調に痩せてきています。体脂肪は変わらない。しかし、そのせいか仕事がすこぶるしやすく、体力を使う仕事の人にはお勧めです。

 

PR

PR

-ブログ, 未分類

Copyright© 美容整体&トータルフェイスアップサロン リリバリボーテ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。