お知らせ

今話題の筋膜療法とトリガーポイントと硬結と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

今、話題中の筋膜療法のお話。
昨日テレビを見ていたらちょうど筋膜療法の治療をしているTVをやっていて、癒着している筋肉の膜に注射をするとぶわーっと広がって体が柔らかくなる、コリがほぐれる様子を見ました。

なるほど、あれが硬結か~!と映像で見れました!

 
今は科学が発達していろんなことがわかるようになってきました。でも、昔の人たちはわかない状態でそれを見つけ、後世まで残してくれているということはスゴイことです。筋膜療法の先生はそれが硬結とは認めないと思いますが、おそらく注射個所は触っただけで痛い、という注釈を入れていたので硬結部分だとおもうのですが。。

 

注射をすることは当店ではできませんが、筋膜療法とほぼ同じ理屈を使って施術しています~。トリガーポイントもおそらく同じ理論です。硬結が筋肉を縮め、皮膚が体を引っ張るためにコリが起きる。

 
だから、肩は肩だけの問題ではなく、腰が痛いのは腰だけの問題ではない。
それぞれの部位ごとの問題ではないのです~。

 
というわけで。肩はあがり、首も回るようになる筋膜療法と同じくらいの効果を出すように、当店の施術はトリガーポイント・筋膜療法・東洋医学の考えを中心として施術しております。
硬いところを柔らかくして体が楽になりますよ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*