ブログ

体軸を作る、中心を作る、第一チャクラを活性化させる、ということをなぜ私がやっているかと体癖の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

テレビでぼる塾の田辺さんをみていたら、誰かに似てるなーと思ったんです。

 

引用元 https://waraitext.com/post-7607/

 

 

 

私でした。

すっぴんの時のわたしでした

 

田辺さん大好き♡

 

は~い。

 

ということで、今日は顔は似ている田辺さんと私を考えてみたい

 

はい、嘘~。

 

体軸を作る、中心を作る、第一チャクラを活性化させる、ということをなぜ私がやっているかを書きまーす

自分の考えていることと同じことを考えている人がいて、やっていることは違えどちょっとうれしい

 

体癖とは

 

野口整体の野口晴哉先生が考え出した、体の使い方の癖から見る十種の種類で分けられた分類方法。

 

 

参照元


https://holistic2525.site/

http://field-medicine.org/truereiki/main/seminalresime_12.html

 

詳しくは上記クリック

 

 

てな感じで体形と心の動きはリンクしていると野口先生は説いていったわけですが、

基本的にこの種類も何種類かに組み合わせられて人間形成されているということだそうです。

 

つまり

 

野口さんは三種類の組み合わせだと言っているそうなので

3つの組み合わせなら120パターン程度あるってことですね。100人いたら120%ってことは結構高確率で同じ人がいることになります。

(先生は41種類くらいあると言ってたそうだけど情報が出てきてないそうですので現在は10種類くらいなのかな。41種類くらいあれば、同じ人と遭遇する確立も低くなる)

 

 

 

精神をつかさどる環境と影響

 

この理論はおおむね正しい部分はあれど、非常に難しい。

同じような精神とエネルギーの方向性はあれど、このエネルギーの発散が集中型か発散型で発散できているかできていないか、ネガティブかポジティブかにもよって、複数の部分が突出または欠落すると破綻するのではないかな。

 

 

同じものを持っていたとしても、自分の環境が影響しているとしたら、どうだろうか。

 

 

私たちそれぞれが経験し、体験してきたことがそのメンタル環境自体、身体に影響を与えるとしたら、、

 

 

本来自分が心地よく生きるためのエネルギーとパワーが制限されてうまく人生を動かせないだけだとしたら。。。

 

 

 

本来、人間の体は両親から引き継いだ遺伝子上、エネルギーの方向や身体の使い方はある程度決まっているはずだから。

 

それこそ、本質的に受け継いだ希望の種だったりするわけですよ。

だけど、ちょっとずつ環境によって変化して最大級の良さを生かし切れていないのかもしれないですね。

 

 

だけど、自分の体の使い方がひどくなればなるほど自分の体の本質からずれて、自分の核となる部分が見落とされてしまう可能性もある。

 

逆に、精神的につまづいたり、苦しんだりしたことで自分の体を丸めたり、縮こまらせたりしたことで、本来の自分らしさが失われることもある。

 

 

そうだとしたら、わたしたちは身体を変え、心を変えること、または逆もしかり、心を変え体が変わることで自分を取り戻すことができる、とはっきりとわかってくる。

自分軸を確立して中心に戻す

 

この体癖は、各個人の発散、もしくは集中のエネルギーの方向がどこにあるか、ということが肝心らしい。

方向が一方に偏りすぎればバランスが悪くなり、分散されすぎても自分がなくなっていく。

 

だからこそ!

自分を中心に戻して、正しく自分のエネルギーを使えるようになったほうがいい!!!

 

そして、第一チャクラを活性化させて丹田を鍛えることから始まる

 

自分軸を作ることで自分にとって心地いいバランスを見つけやすくし、息苦しいこの世の中から解放されようではないか!

 

という気持ち

 

ちなみに、わたしはこの体癖診断を自分でやったら9種+6種+1種でした。あってるかどうかはわからんけど多分あってる。

ここから引き出される私の性格は、奇人変人で夢想家の怠け者で一歩間違ったらやばい人が一生懸命真面目ぶって頑張ってる人です。

 

 

さあ、みんなもレッツ中心軸!

コメントを残す

*